I様邸

佐野市浅沼町

オーバーハングする家

敷地延長の限られた面積の土地に、どの部屋にも光が入り風が抜ける、ちょっとシックで居心地の良い家。
そんな設計依頼から導き出されたのが、オーバーハングという手法でした。

これにより、庭の広さを確保し車を駐車しやすく。また、すべての部屋が明るくなるように光の計算もしました。

オーバーハングによる、これらの機能と外観の凹凸を活かした建築です。