人を知る

働き方インタビュー

#02

設計アシスタント早川 叶扇

「暮らしの楽しさ」に
繋がる家を提案したい。
できるようになる瞬間を
積み上げています。

Q1.ドリームクリエイトに惹かれた理由、入社を決めた理由を教えてください。

建築とは全く関係ないのですが、産業デザイン課というところを卒業しているのもあって、デザイン関係の仕事をしたいなぁとはずっと思っていました。地域的に、デザインのお仕事はあまりありません。求人を見たときは経験もないしどうしようと少し迷いましたが、インテリアや建築の写真を眺めるのも好きでしたし、こんなチャンスなかなかない!と思って応募しました。住宅系のお仕事って、ゴリゴリの営業系が多いですし、それはあまりやりたいと思えませんでした。その点、ドリームクリエイトは施工事例もおしゃれですし、会社自体もすごく雰囲気が良かったです。社長に「やってみる?」と聞かれて、挑戦することにしました。他は一切受けていません。まずは何か設計士さんのサポートができればいいかなと考えていましたが、予想以上に色々とやらせていただいて、やりがいがあります。お客様にゴリゴリ営業していくスタイルの会社ではなく、寄り添ってご提案する会社なので、自分にも合っていると思います。

Q2.ドリームクリエイトでの仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

今は設計士の図面を手書きにしたり、打ち合わせ中のお客様のお子様をお預かりするのがメインの仕事。見習い状態ですが、打ち合わせに同席させてもらいながら設計士としてひとりでお客様を担当できるように勉強中です。先輩の姿を見ながら、限られた時間内でお客様のご要望をしっかりときいて、その上でプロとしての提案をしなくてはならないと実感しています。一緒に悩むだけではなくて、話をリードしてお客様の宿題にしたり、必要なときは「こうしてください」とはっきりとお伝えする場面もあります。自分にはまだまだ難しいと感じますが、「楽しい家づくり」と「プロとしての提案」の直線上に「暮らしが楽しい」家があると思っています。まだできないことだらけですが、だからこそ逆に「できるようになる瞬間」だらけなんです。その瞬間を積み上げていくのが楽しい。挑戦しなくてはならないことが多い数年間になりそうですが、ワクワクしています。

Q3.今後の目標を教えてください。

まずはお客様に自信を持って提案できるようになることです。今は知識不足が否めないので、提案にも迷いが出てしまいます。先輩方から吸収させていただきながら、隙間時間を見つけては様々な建築事例を見て勉強しています。それから、お客様をリードする力もつけていかなくてはと感じています。これは経験ですね。
最終的には、おしゃれで実用性を兼ねた家を建てたいです。実用性とは家事動線だけではなく、全体の「過ごしやすさ」「楽しく過ごせる家」だと思っています。おしゃれなだけでは居心地良く感じられません。暮らしの快適さが、暮らしの楽しさに繋がると思っています。簡単なことではないとわかってはいるつもりですが、妥協してカッコ悪い家、住みにくい家は絶対つくりたくない。プロとしての家づくりを提供できるようになることが目標です!

  • 人を知る働き方インタビュー